戸建て住宅の進化|マイホーム購入費用を節約できるローコスト住宅の魅力とは
女性

マイホーム購入費用を節約できるローコスト住宅の魅力とは

戸建て住宅の進化

外観

川西のように一戸建ての分譲住宅が多く建設される地域では、狭小地でも住みやすい進化した住宅が注目されています。いわゆる間口の狭い細長い一戸建て住宅は、採光や風通しなどが十分に確保されない物件も多く見られます。土地に余裕がないためにしかたないと思われていた部分もありますが、川西では設計に工夫が見られます。例えば建物の中央に中庭を配する間取りプランも見られるようになっています。これは天井から採光を確保し、また風通しも確保できる利点を持ちます。さらに庭を確保できない事情の中で中庭を持つことで、ちょっとした家庭菜園も可能となっています。このようなデザインプランに工夫をすることによって、狭い住宅環境の中で住みやすさを確保しているわけです。

川西の一戸建て住宅は分譲タイプが増えています。すぐに引っ越しができることから、転勤などをきっかけに転入する人にとっては役に立つものです。その物件探しで注意したいのは生活環境の確保となります。特に新興住宅地となる場合には、ショッピング施設も併設する予定がある場合にも注意が必要です。小規模の宅地開発の場合には、そのような施設の建設は義務付けられてはいないからです。また同じような年齢層の世帯が集まることから、地域の密着性も高まることを心得ておく必要があります。一戸建て住宅は近隣との付き合いも必要になります。川西のような地域では特に周辺地域とのコミュニティが構成されるので付き合いも求められることを心得ておく必要があります。